米袋・餅のパッケージをデザインしていただける方募集【糸魚川市】

農家さんが作るこだわりのお米、それを加工して作るお持ちのパッケージデザインを手掛けていただける方を募集します。

受入農家(園田 岳彦 さん)

糸魚川市で生まれ育った園田さんは、就職を機に東京でSEとして働いていました。その後糸魚川市にUターンして「株式会社お米の配達人」を設立し、現在は家族で田んぼ15ha、畑2ha、農産加工などに取り組んでいます。
また、農作業をライブ配信するほか、全国に幅広いネットワークを持ちアイディアあふれる農家さんです。

今回、これまで使用していた米袋と、園田さんの自宅横で加工している餅のパッケージデザインをリニューアルするため、これらのデザインをお手伝いいただける方を募集します。

お手伝いいただく仕事の内容

米袋のパッケージデザイン

現在園田さんが使っている米袋は写真のとおりです。
園田さんから米づくりにかける想いをうかがったり、時期が合えば農作業を体験いただきながら感じたことをもとに、米袋のデザインとして表現していただきます。

園田さんが作る餅のパッケージデザイン

園田さんの自宅に隣接するかたちで餅の加工所があります。園田さん自身が作ったもち米を使って冬場に加工する自家製のお餅です。
こちらも実際に餅の加工所を見学いただいたり、一部加工体験をしていただきながら餅の商品パッケージをご提案ください。

 

 

デザインのお礼

園田さんが作ったお米30kg(米袋と餅の両方のデザインをしていただけると60kg)
(日本人が1年間で消費するお米の量は約50kg。デザイン一つで半年分以上のお米をいただくことができます)

デザイン制作(プログラムの参加)にあたって

〇一度現地にお越しいただき園田さんのお話を聞いていただいたり、場合によっては農作業のお手伝いなどをしていただき、地域を体感していただいた上でデザインの制作をお願いします。
〇一つのデザインにつき3案以上ご提案ください。
〇経験:デザインの勉強をしている方、デザイン経験がある方歓迎。ただしプロのデザイナーである必要はありません。
〇性別・年齢:不問
〇お持ちであればポートフォリオ(印刷物でもwebでも)をお見せください。
〇現地に来ていただく前に、一度オンラインでデザイン制作にあたっての打ち合わせをさせていただきます。
〇その他、現地にお越しいただく日、納期等はお申し込み後に個別に調整させていただきいといがわ

参加申込

下記申込フォームから、氏名・メールアドレスを記入の上お申し込みください。
追って事務局から連絡を差し上げます。

 

 

〒940‐0062
新潟県長岡市大手通り2-6 フェニックス大手イースト2
公益社団法人中越防災安全推進機構 にいがたイナカレッジ内
TEL : 0258-39-5525
©️Work Rice
Page Top